スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい髪の乾かし方

いくら上手な美容師さんでもはねにくいカットはできても絶対にはねないカットはできません。
スタイリングの8割はこの髪を乾かすドライの時に決まるといっても過言ではありません!
やはりよく聞く失敗は朝起きて髪を濡らさないままワックスだけで何とかしようとしたりドライヤーとアイロンだけでなんとかしようとしたりして
必要以上に何回も熱を加えてしまって結局髪が決まらないまま不必要なダメージだけ与えてしまうことです。
ズバリ言うと寝グセなどで付いた根元のクセを取ってあげないと毛先はきれいになりません。逆に言うと根元のクセをとると短時間でスタイリングが決まります。
寝癖からきれいなスタイルを作るのは美容師さんでもかなり難しいはずです。
美容院でスタイリングしてもらうときれいに決まるのはこの工程がちゃんとしてあることが大きいのです(^o^)
では肝心のやり方に入りましょう♪
まずは髪を根元から濡らすこと
時間が無い方→最悪霧吹きなので根元の方から濡らしてください寒い時期はお湯を入れるといいですよ☆そして軽く頭をマッサージするようになじませます。
ここでドライヤーのスイッチをON!
イメージはつむじから放射状に乾かす感じです。

内巻きにしたい方→ある程度かわいたら少し下を向いて前に前に乾かしましょう。よく言われるのが髪の右側が前ならえしたようにはねることです。これは
日本人の多くはつむじが右回りなので右側が若干後ろに向かって生えています。その流れを打ち消すために少し下を向いてしっかり前に乾かしてください。

後ろに流したい方→ある程度乾いたら風を前から当て後ろにとくように乾かしましょう。その時にポイントとして気持ち斜め上にとかしてください。
根元を起こしてあげることによりさらに髪が自由に動きやすくなります。

ボリュームダウン・クセを伸ばしたい方→ドライヤーを上からあて痛くない程度にひっぱり温めます。
そしてそのまま髪が冷めるまでその状態をキープすぐに手を離さないように気を付けてください☆
髪の毛は熱が冷める瞬間に形が決まります。ドライヤーを離して涼しい風を当てて冷ますと早いですよ。

てっぺんのボリュームアップ→分けたい方向と逆に根元を起こして乾かします。それから流したい方向に戻すと立ち上がりが付きボリュームが出ます。
分け目を付けたくない方は左右から根元を起こすように乾かせばOKです。

このように手で乾かした時点である程度の形を作ってしまえばこの後のブローやアイロンがスムーズに短時間で決まります。
時間がかかると思われがちですがドライはきれいなスタイルの近道です。
頑張りましょう!!それではーlet`s美髪








スポンサーサイト

トリートメントとは・・・

トリートメントは修復とか治療とかいろんな意味があります。
お客様から一番聞かれるのはトリートメントとリンスって何が違うの?まだまだ一緒だと思ってる方が多いみたいです(・_・;)
簡単に言っちゃうとトリートメントは髪の中身を修復してくれます。最初の記事で話した巻き寿司でいうご飯の部分ですね!
割合的にも一番多くカラーにしろパーマにしろこの部分に薬が作用します。裏を返せば一番痛みやすい部分です。
なのでここをしっかりトリートメント(修復)してあげることが繰り返すカラーやパーマをきれいにする秘訣です♪
リンスは髪の外側ををコーティングするもので髪自体を修復したりする効果はありません。
ただ髪をクシでといた時や指を通した時の摩擦を減らしてくれるので髪がきれいになったと思う方も多いと思いますが
髪自体に栄養が入っているわけではないのでご注意ください。
カラーもパーマもしていない髪の方はシャンプーで出たきしみをとってくれるリンスで大丈夫だと思いますがそれ以外の方は必ずトリートメントをしてください。
ちなみにコンディショナーと書いてあるものもリンスと同じ効果です。
よくあるミスが順番を間違えること。必ずトリートメントで内部の補修をしてからリンスで外部をコーティングしてくださいね☆
そして髪の毛の一番痛みやすい部分は毛先です。長生きしてるだけあってカラーもパーマや指でとかれたりいろんな摩擦も経験してますよね。
目安は髪の真ん中から毛先部分にトリートメントを付けるようにしてください。
根元のほうはとかす時にのびる分くらいでOKです。くれぐれも根元からは付けないように!
あと時間があるときには蒸しタオル(お湯につけて絞ったものでOKです)これでトリートメントを付けた髪をまとめて包み込んでください。目安は5分くらいです☆
蒸しタオルの水分を含んだ熱(湿熱)により髪の毛が膨らみます一緒にキューティクルも少し開きその隙間から栄養分が浸透していきます。
外した時にはいつもと違う感触を実感できますよ(>_<)一週間に一回はやってみてください!!
小さいことをこつこつ積み上げる・・・それがlet`s美髪

シャンプーの正しいやり方

まずはシャンプーって何をするものか答えは髪と頭皮の汚れを落とすもの!正解です!!
じゃあ髪の汚れって何があるだろう・・・
まずは屋内なら必ずあるほこり、大気中にあるチリだったり頭皮から出る皮脂があります。
ぶっちゃけて髪の7割の汚れはお湯洗いの時点で取れちゃいますm(__)m
じゃあ残りの汚れは?そう油分のある汚れに関してはお湯だけじゃとれないんです!そこでシャンプーの登場です。
シャンプーに含まれる界面活性剤(洗剤なんかにも含まれてます)が頭皮についてる油の周りを取り囲みはがしてくれて泡のなかへ~♪そんな感じです!
てことは最初にお湯で洗う水洗がどれだけ大事かわかりますね?なんてったて7割も汚れが取れちゃうんですから。特に髪の長い女性はシャンプーの泡立ちが悪い経験ありますよね?最初にしっかりお湯で洗ってくださいきっと泡立ちも良くなるしシャンプーも少ない量で済みます♪いい泡立ちを作るには水と空気が必要不可欠です。しっかり頭皮と髪を濡らしたらシャンプーを全体につけ(ショートで1プッシュ、ロングで3~4プッシュでいいと思います)
美容はそのちょっとした手間が大事だったりすることが多いです。メイクだってそうちゃんとした下地を作ることで最後の出来栄えが格段にちがいます。
あと勘違いされやすいのが髪を洗うものと思われがちですが髪よりも頭皮を洗うものと思ってください。皮脂は頭皮から出ますくれぐれも頭皮を洗うイメージをお忘れなく☆
健やかな髪を手に入れましょう(^o^)丿
補足ですが美容院のシャンプーと市販のシャンプー何が違うの?と聞かれます。それは先ほど出てきた界面活性剤が美容院のシャンプーは高級なものを使ってます。ほかにもシャンプーの中に髪質に応じた栄養分が含まれていたり油分を取りすぎたりしないように計算されて作られてたりさまざまです。
各メーカー特徴は違えどいろいろ研究していると思います。あとは使ってみて自分自身で感じてみることが何より大事だと思います。これを機会に末永く付き合えるシャンプーを見つけてみてはいかがでしょうか?
それではLet`s美髪

まずは・・・髪って

まず最初は髪の毛について簡単に説明していきます。
人間の頭髪は約10万本あるといわれています。この10万本の毛をいろんなところで切って色や形を変えてあんなにたくさんのヘアスタイルができるんですねー(>_<)すごい!!
そしてその一本一本にはご存じキューティクルといわれるうろこのようなものがあります。
これが艶だったり手触りに大きく関係してきます。ためしに一本髪の毛をとってみて毛根の方から指ではさんで毛先の方にすべらせてみてください♪スゥーっていくけど毛先の方から毛根の方にすべらせると・・・あれっそうですこれがうろこのようになってるキューティクルの流れに逆らってるってことなんです。そしてダメージっていうのはこのキューティクルがめくれたりとれたりすることも含まれています。
簡単に髪の毛を例えると巻き寿司です!のりの部分がキューティクルご飯の部分がいわゆる栄養が入るとこで美容院でするトリートメントの栄養なんかもこのご飯の部分に入ったりします。
具の部分は専門的な話になりすぎるのであえてふれないですけど髪の毛ってこんな3層構造だと思ってください(^o^)
結局のりが無くなるとご飯がくずれてぼろぼろ落ちちゃいますよね?ご飯だってカサカサよりも潤ってる方がいいですからね!
結局髪の毛って死んでる細胞だと思います。(生きてるって説もあるけど・・・)だって切っても痛くないし毛根は生きてるから抜いたら痛いけど肌と違って自己修復能力が無いってことになります。
だからこそ失った栄養は外からしっかり補ってあげること、毎日のドライヤーやお手入れで極力痛ませないようにすること。この二つが髪を痛ませないとても大事な二大要素になります。
そのポイントをこれからたくさん紹介していきますのでぜひ参考にしてください。それではLet`s美髪
プロフィール

トルをさん

Author:トルをさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。